メールの送り方

オーバーリアクションが大事

メールは文章であり感情を伝えることが中々難しいのでオーバーリアクションでメールは送りましょう。

対面していれば相手の表情だったり、言葉の抑揚などで相手の感情が伝わってきますが、メールの場合だと自分の感情が相手に伝わっていないことが多々出てきます。

伝わっているだろうって考えていたら実は全然気持ちが伝わってなかったと言うケースもありますのでちょっとオーバーすぎたかな?ってぐらいのメールでもいいと思います。

メールのコミュニケーションの取り方

出会い系サイトで相手とコミュニケーションをとっていくのはやはりメールですよね。今は大手企業ならばゲームからアプローチをして言ったり共通の趣味から相手と共感を得ることはできますが、そこから仲良くなっていくのはメールが基準となっております。

そんな中で相手にちゃんと自分をアピールすることができるかどうかというのはメールで相手に好印象を持ってもらえるかどうかなのですが、好印象を持ってもらえるメールを打つって考えるとどうしても何度もメールを修正したりして何が正しいのか分からなくなってきますよね。

あまり重く受け止めなくていいのですが、好印象といっても出会い系サイトでは基本的に出会いを求めていますよね。

つまりハードルはかなり低いのです。とりあえずいい人がいれば会ってみようかなというスタンスの人が多かったりしますし、普段出会う場よりも圧倒的に向こうも会いたいと思って利用しているのでメールで好印象を与えるというよりかは相手に対して失礼のないメールを送れば特に問題なく進むと思います。

では具体的にどんなメールが失礼に当たるのか?というと相手とのメールを無視して一方的に相手に送りつけるやり方が一番相手は困ってしまいますよね。

例えば普段から仕事が忙しくて中々メールを返信することができないのにもかかわらず相手に対して何度もメールを送っていきそれに対してなんで返信をくれないの?って言ったような感じで急かすような人は相手は疲れてしまいますよね。

「おはよう」とか「今日も一日頑張ろう」などの相手に返信を求めないようなメールの送り方だったら大丈夫ですが、相手を困らせるようなメールはしないほうがいいでしょう。

また会ってもいないのに上から目線で言葉を発したり偉そうな意見を言って相手よりも優位に立とうとするような言い方はよくありません。相手からしてみれば何様?って思われてしまいますのでそういった態度はやめましょう。

相手が年下であろうとも慣れるまでは敬語で接したり相手を褒めてあげたりすることで相手には好印象に映ると思います。

また文章というのは自分が思っている以上には印象にも残らないものですからメールの文章というのはオーバーリアクションであるとともにシンプルでわかりやすい文章を送ることがいいと思います。

相手が何か仕事でいい成績を残せたらシンプルにすごい!とか頑張ったんだね!というようなわかりやすい文章で相手を褒めてあげましょう。

相手が逆にテンションが下がっているのであればゆっくり休んでとかねぎらいの言葉をわかりやすく伝えてあげることで相手にはより伝わりやすいです。

回りくどい言い方よりもシンプルにズドンと刺さる言葉を伝えてあげましょう。

メールの送り方のまとめ

メールというのは相手の表情が見えないわけです。ましてや出会い系サイトでは相手とまだ会っていない段階でメールでコミュニケーションを取るわけですから相手のことを気遣うことが大事です。

自分が送って満足ではなくて読み手のこと、受け取り側の気持ちを考えて送るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする