悪徳業者の手口と傾向

悪徳業者が運営をする出会い系サイトの数は減っています。これは間違いありません。

出会い系サイトを取り締まる法律はかなり厳しくて毎年悪徳業者が捕まったニュースが出てきますから優良サイトしか生き残れなくなっています。

とはいえニュースに出るということは悪徳業者はゼロではないと言うことですので油断をしてはいけません。

悪徳業者に騙されないようにするためにしっかりと手口と傾向を掴んでおきましょう。

完全無料からの誘導

完全無料でお金は一切かかりません!とはじめはいっておいて途中で会社の方針が変わってお金が発生するということを黙って行ったり、そもそも偽って完全無料と嘘をついて運営をして、完全無料のサイトから誘導させて有料サイトへと誘ってたりするのは悪徳業者の典型的な手口ですので完全無料でやっているところは注意しましょう。

お金持ちアピール

『 お金をたくさん持っているから○○万円を受け取ってください! 』って言ってきてとんでもない金額の援助をアピールしてくるところは気をつけましょう。

お金がたくさんあると見せかけて利用者とのコミュニケーションを図って最終的にはお金を払わせようとします。

最初は審査とか貴方のことが信用できるか確かめたいと言ってズルズルとやり取りをして利用者もここまでしちゃったのだからと引くには引けないとばかりにどんどん深みにはまってしまいます。

見ず知らずの人間にお金を渡すわけがないと思って信用しないでください。世の中そんなに自分に対して甘くないと思っておいたほうがいいと思います。

アダルトな誘惑をしてくる

たとえば18歳未満の方と援助交際をするのは日本の法律で禁止されていますし、出会い系サイトでは18歳未満の利用は禁止されています。

しかし、それでも実際に利用して援助しますと言われたら果たしてどれだけの男性が断れるのでしょうか?そんな心理をついた悪徳業者の手口です。

もし18歳じゃないのにもかかわらず利用したら利用規約違反になってしまいます。

また18歳以上であったとしても援助交際をもちかけてHな写真を送って来る場合も悪徳業者が利用者を騙そうとする手口ですので気をつけなくてはいけません。

悪徳業者の手口と傾向のまとめ

悪徳業者と手口と傾向はやはり怪しいと思ったら警戒心を持って行動をしましょう。

悪徳業者は今もなお存在していることは確かです。

騙されるわけがないと思っている人ほど騙されてしまいがちですのでもしかしたら自分が騙されてしまうかもしれないという警戒心を持って接するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする